お客さまサポート

流し込み機能を使った印刷をする

流し込みたい情報の
準備

1.流し込みたい文字情報をエクセルなどを使ってリストにして保存します。

エクセル情報画面

このページのTOPへ↑

流し込む場所の準備

2.目的の用紙(今回は名刺)を選び、「おすすめのデザインを選ぶ」ボタンで進みます。

用紙選択画面

このページのTOPへ↑

文字の配置

3.「デザインひな形」ボタンを選び、テンプレートから「名刺デザイン」を選んで名刺枠内に文字ブロックを配置しなおします。
「流し込みリストをつくる」ボタンをクリックします。

文字ブロック配置画面

このページのTOPへ↑

ファイルの読み込み

4..読み込みのためのウィンドウが開きますので、用意しておいた(今回は「住所一覧」)ファイルを選んで「進む」ボタンをクリックします。

ファイルの読み込みウインドウ画面

このページのTOPへ↑

読み込みファイルの
確認

5.エクセルのファイルの内にあったリストが表示されます。
正しければ、進むボタンをクリックします。

ファイルの読み込み画面(エクセルリスト確認画面)

このページのTOPへ↑

項目の割り当て

6.項目の割り当てをします。「読み込むリスト」と「割り当て先ブロック」を左下のオブジェクト一覧で項目の確認をしながら選び、「割り当て」ボタンを押すと、流し込みしたい場所へ割り当てされます。同様にその他項目も割り当て、「確定」ボタンをクリックして元の画面に戻ります。

割り当て画面

このページのTOPへ↑

流し込み

7.文字ブロックにリストから文字が流し込まれました。
「文字入力」ボタンを押し、右パネルの「リストからの流し込み」を選びます。右パネルからの流し込みのウィンドウで選ばれている項目が中央の文字ブロック内に表示されます。

リストから流し込み画面

このページのTOPへ↑

レイアウトを確認する

8..最上段の「レイアウト」ボタンをクリックしてレイアウト画面に進むと、流し込まれた項目全体を確認出来ます。右パネル項目の「印刷」チェックを外すと、外した行はレイアウトから外れます。

レイアウト確認画面

このページのTOPへ↑

印刷する

「印刷」ボタンをクリックして印刷画面に進み、2番目の印刷ボタンをクリックすれば、流し込まれた文字がシート全体に印刷されます。
※プリンタダイアログにて「印刷用紙のサイズ」と「向き」を手動で設定してください。
例)A4サイズの用紙(ME-501SK等)を指定した場合はA4サイズを指定。
例)はがきサイズの用紙(IT-W151KN)を指定した場合ははがきサイズを指定。

プレビュー画面

このページのTOPへ↑